弁護士に相談するメリットは?

遺言を弁護士に相談するメリットはいくつかあります。まず1点目は、弁護士に依頼すると有効な遺言を確実に作成できます。弁護士は法律の専門家であるため、作成した遺言に書きもらしがないかどうかをはじめ、遺言者の意味するところがきちんと伝わる表現となっているかどうか、伝わらない表現がないかを細かくチェックしてもらえたり、遺言書の作成をサポートしてくれるというメリットがあり、確実に自身の意思を家族に伝えるという意味でも、弁護士に依頼するメリットは大きいといえます。

また、遺言書でどうのように相続人に財産を相続させるのかという点については、想定される相続関係者や所有財産などを事前に詳しく調べておく必要があり、そのような手間のかかる調査を代行してもらうというメリットがあります。

そして、相続争いなどの起きないような方法で遺言を作成してもらうことができます。また、遺産分割に付随する、相続税などのことについても相談することができます。より公平な遺産分割の方法や、相続税対策などについても総合的な視点から相談でき、総合的なサポートを期待する場合には、弁護士は最適だといえます。弁護士に依頼することで、遺言者本人の作成する遺言書に対して様々なアドバイスをもらうこともできます。