遺書の役割

遺言書を残すことで、相続手続きの際、相続人同士が争そうことが確実に減るというメリットがあります。そのため遺言の役割として、相続人間の相続に関する争いの回避という点が挙げられます。相続が発生すると、財産をどのように分配して相続するのかを決めるのは非常に大変です。

相続人全員の同意も必要となり、手続きを確実に進めるためにも、遺言によって、どの相続人に、どんな財産をどの割合で相続させるのかといったことを決めておくことで遺産分割協議が不要になるため、相続人も助かるといえます。

法定相続人には通常は長男の妻や内縁の妻などは入りません、しかし、遺言として相続について記載しておくと、これらの人々に財産相続をさせることができるといったメリットがあります。また、遺言書には様々な決まりがあります。そして、その条件が満たされていなければ、遺言書は無効となる場合もあるのです。遺書作成を弁護士に相談することで、遺言が無効になることなく、有効な遺言書を作ることが可能です。このような役割も遺言にはあるのです。

遺言書を作成する際に、弁護士に依頼する場合は、まず、弁護士から質問があります。この質問は、法的に有効となる遺言書の作成には欠かせない質問で、自身や家族の現在の状況などが訊かれたりします。遺言書を残すと、もめごとを起こさずにすんで、相続人同士が争うこともなく、相続手続きがスムーズに運べます。このような役割が遺書を作成する役割として挙げられます。