遺書作成のメリット

遺書を作成するメリットとして一番に挙げられるのが遺言書を残すことで、相続手続きの際に相続人同士がトラブルを起こすことが確実に減るということです。相続が発生すると、財産をどのように分配して相続するのかを決めるのは非常に大変なことになります。相続人となる人すべての同意も必要です。手続きをスムーズに進めるためには、だれに、何を、どんな割合で遺すのかということをはっきりさせておかなければなりません。これが決まっていると、遺産分割協議の必要もなく、相続人の手間も減ります。

遺言書がない場合、遺産分割協議は相続人全員で行われる必要があります。しかし、遺言によって遺産分割をあらかじめしておくと、相続人同士の遺産分割協議が不要になり、相続人が遺産相続について悩まなくてすむというメリットがあります。

また、法定相続人には長男の妻や内縁の妻などは入りません、しかし、遺言として相続について記載しておくことでこれらの人々にも財産を相続させることができるといったメリットが挙げられます。つまり、トラブルを未然に防ぎ、相続人同士が争うことないため、相続手続きがスムーズにできるというメリットがあるのです。このようなメリットが遺書を作成する長所として挙げられます。