遺書作成は弁護士にも相談可能

遺言書には様々な決まりがあり、もし、その条件が満たされていなければ、その遺言書は無効となる可能性もあります。遺書作成を弁護士に相談すると、無効になることなく有効な遺言書の作成が可能といえます。

遺言書を作成する場合で弁護士に依頼する場合には、まず、弁護士から質問があります。この時に訊かれる質問は、法的に有効となる遺言書の作成には欠かせない質問といえ、自身や家族の現在の状況などについて訊かれたりします。

遺言書には3つの種類があり、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言となっています。これらの遺言はそれぞれメリットとデメリットがあります。遺言書の形式は自由で、自由に遺言書作成ができますが、その際には弁護士とよく相談して決定するほうがより安心できます。そして、弁護士からのご質問が終わった後、今後の遺言作成作業を円滑に進めるために、アドバイスなどももらえたりします。

遺言書はだれにとっても初めての経験といえ、遺言書作成には法的な手続きが必要とさせますので、丁寧に、分かりやすく遺言作成についてアドバイスしてもらえる弁護士は最適です。遺書作成を弁護士に相談することで、遺言が無効になることなく有効な遺言書の作成が可能になります。